メイン写真

法名と戒名について

今日は久しぶりに香華殿札幌東斎場に来ています。

やっぱり落ち着きますね。今晩は、施行課のいびです。

今回は、法名と戒名について少し書きたいと思います。

仏教では、仏門に帰依し仏教徒としての歩みを新たに

する儀式に”帰依式”(おかみそり)があります。

浄土真宗では、剃髪を意味する”おかみそり”を受け

「法名」をいただきます。法名は、釋○○と全て釋の

字がつけられますが、これはお釈迦さまのお弟子になった

という意味です。

b-noda_kn-3[1]

 

 

 

 

この法名と混同されるのが「戒名」です。

戒名は、真言宗、天台宗、曹洞宗など戒律のある宗派で、

戒律を受ける事によって与えられる仏弟子としての名前です。

それに対して、厳しい戒律を守ることが出来なくても、

仏法を究極のよりどころとして生きることを目指す浄土真宗

では、「戒名」といわず「法名」と表現するそうです。