メイン写真

釘打ちデス。

日々の仕事

暑かった5月に比べ、あまり良い天気に恵まれなかった

6月。

今晩は、梅雨の嫌いな6月生まれの第一施行課の楫斐 

です。

今日は、釘打ちの儀式についてデス。

葬儀告別式の時に、お柩にお花や故人様に持たせて

あげたい物をご遺族様に入れていただいています。

その後お棺の蓋を閉じて、お一人づつに釘を打って

いただきます。

故人様へ最後の感謝の気持ち、無事お浄土へ辿りつけ

ます様にとの思いを伝える儀式で行っているものだと

思いますが、最近では、こういう儀式が行われないように

なってきました。

釘を打てない布張りの棺が増えてきた事と、柩に閉じ込める

ようで忍びないとのご遺族様の感情で、最近では釘打ちを

されない方が増えてきたようです。

ですから今では、釘打ちをされるかどうか必ずお伺いする

ようにしています。

葬儀の形態も地域性だけでなく、年代別にも変わってきた

ような気がします。

お別れのお手伝いをさせていただいている私達も、日々

変化に対応できる様、進化していかなければいけませんね。