メイン写真

自由葬とは。

日々の仕事

こんにちは、iphoneを地面に落として画面にヒビが入った神尾です・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ヒビのことをほかのスタッフに言うと皆一様に「誰かに投げつけたの?」「地面にたたきつけたの?」「何か嫌な事あった?」と心配されます・・・ただうっかり落としただけなのに・・・( ´(ェ)`)

そんな暴れん坊将軍疑惑のある神尾ですが、最近立て続けに「自由葬」の担当をさせていただくことが多かったです。

「自由葬」とは、言葉の通り、宗教にとらわれず、故人さまやご家族のご希望に沿った儀式を執り行うことです。

文字通り、何をしても自由。焼香してもいいし、献花してもいいし、ピアノ奏者に好きだった曲を演奏してもらってもいいし、いっそ式をしなくたっていい。会食を式の中心にすることも可能です。

都市部ではけっこう増えてきた形式ですが、何か信仰していたものがあった場合、ご親族に事前に十分な理解を得ておかなければいけないことと、自由と言っても斎場のスペック次第ではやることに制限がある場合もあるので、事前にどのような事をしたいのか、ご相談に来る方も多いです。

メリット、デメリットそれぞれあるとは思いますが、大事なのはご遺族の方が「どのように送り出したいか」に尽きると思います。

私どもはお客様の声をお聞きして、120%感動していただくご葬儀にしていただくために、もう・・・汗だくです。「やっぱ春先にヒートテック着てこなければよかった・・・」と思うほどです。
まぁ、それは冗談ですが、お客様の理想に近づくために、今日も精進なのです・・。