メイン写真

菩提寺が遠方にあるとき

日々の仕事

只今、打合せから戻ってきた香華殿恵庭斎場 河野です

本日は、おやじこと小倉さんがお休みの為、1日早くブログを打たせて頂きます。

先ほど、打合せを終えたお客様、菩提寺(お付き合いのあるお寺様)が本州にある方でした。

けれど、北海道までお越し頂くには遠いし、交通費もかかるし、時間もないし、近場のお寺で探したい、紹介してほしい、とのこと。

しかしながら、これには注意すべきことがあります。

その菩提寺さんの納骨堂に、ご先祖様のお骨が納骨されている、また今回のお骨を納骨する予定の場合・・・

「なんで一報入れてくれないんだ…!別の寺の法名がついているお骨は、うちの寺には入れられんよ!」

「なんで知らせてくれないんだ!もう別の寺に改宗したんなら、うちに入っている骨も改宗した寺に持って帰ってくれ!」

と、なる場合があります・・・

お寺様も仏の厳しい世界にいらっしゃり、宗教の決まりにそむくことは出来ないのです。

ですから、この度は…

まず菩提寺さんにご連絡して頂き、北海道でお付き合いのあるお寺があれば紹介してもらうこと。

なければ、葬儀屋さんで紹介してもらっていいか確認する。

同じ宗教でも、属派や本山が違ったりしても大丈夫か、

など、さまざまなことをお伺いして、お互いに角が立たないようにすべきがマナーです。

お寺様にも格式があり、上下関係や横のつながりがあるものです。

ちょっぴり配慮して頂くことで、お寺さんとの関係も良好です。

何卒、ご参考までに。

香華殿恵庭斎場 河野でした。