メイン写真

お彼岸。

日々の仕事

こんにちは、香華殿恵庭斎場の神尾です。

春のお彼岸がすぎましたね。

お彼岸とは春は春分の日、秋は秋分の日を中日にした前後3日間のことですが、それはなぜなのか。

それぞれ、昼と夜の間が等しくなるので、太陽が真西に沈みます。

仏教では、極楽浄土が西方にあると考えられていたため、あの世とこの世が交わる日と考えられておりました。

極楽浄土と心が通いやすい日なので、ご先祖様のお墓に参るようになったと言われています。

北海道はお墓の場合は春にお参りすることは中々難しいのですが、ご先祖様に対して手を合わせ、想いを馳せることも大事なのではないのでしょうか?