メイン写真

喪服について

日々の仕事

こんばんは、札幌東斎場の楫斐です。

今日は、喪服について少し書きたいと

思います。

正式な喪服は、もともとは喪に服する

遺族の方が着るものと言われていました。

現在では死者に対する礼儀として、ある

いは死を悼む気持ちを表す衣服として

葬儀に参列する人は誰もが喪服を着る

事が一般的になっています。

遺族が着るもの、という本来の意味を

考えると、一般会葬者の立場であれば

地味な服装であれば喪服を着る必要は

ないのです。とはいえ最近では、葬儀に

参列する一般会葬者も喪服を着る事が

多くなっています。

洋装と和装は同格の正式礼装だそうですよ。

     by 弔事の装いのマナーより デシタ。