メイン写真

ほんとに無宗教?

日々の仕事

こんばんは

香華殿北広島斎場の村本です

最近私が担当した葬儀で「無宗教」の葬儀が多かったので

一言です

「無宗教」とよく言われますが、国際的に見て誤解される恐れがあります

「宗教というものを信じない」「神も仏も信じない」

と、取られる可能性があります

一般に言われている無宗教葬は宗教者を招かないで

「死者を葬ること」ではあるんですけど

そうなると無宗教と矛盾することになります

つまり葬送の形(通夜 葬儀等)を取ると

それは何らかの宗教的な儀式になってしまいます

多くの皆様が考える無宗教葬を訳せば

「特定の宗教宗派に属していない」

となるのではないでしょうか?

私は無宗教の葬儀依頼があった時、

自由葬と呼ぶことをお勧めしています

故人を偲んで一晩過ごすの意味で

「しのぶ会」

みなさまで告別すると言意味で

「お別れの会」

そのように提案しています

しかし全く決まりはありませんので

あくまでも「自由」です